スマートフォンの設定でお子さんをトラブルから守ろう!

子供にスマホを与える前にやる事と決める事

まずお子さんにスマートフォンを与える前にしなければならない事は、小学校や中学校のお子さんに初めてスマートフォンを与える場合、ご両親のお下がりを与える事を考えている場合、必ずしなければならないのは「設定の初期化」です。
初期化を怠ると、クレジットカードの情報が登録されている場合、お子さんが課金をしてトラブルになる可能性があります。

そしてスマートフォンの準備よりも重要なのが、「お子さんとのルール作り」です。
設定で様々な行為を禁止する事が出来ますが、その前に親子でスマートフォンについて話し合い、ルールを設けてお子さんが自主的にルール守る事が重要です。
ルールで決めておいた方が良い項目は、「使用時間、使用場所」、「歩きスマホは禁止」、「ルールを破った場合の罰則」などです。

アプリ購入や課金の制限方法

スマートフォンにクレジットカード情報が入っていなくても、コンビニなどで販売されている「Google Playギフトカード」や「iTunesカード」を購入してコードを打ち込めば、アプリの購入やゲームの課金が行えてしまいます。
そこでアプリの購入やゲームの課金を設定で制限してしまいましょう。
Androidの場合は、「Playストア」から「左上のメニューマーク」で「設定」を選んで「保護者による使用制限をオン」にすると利用コンテンツの年齢制限が可能になります。
また「購入時には認証を必要とする」をオンにすれば、アプリの購入や課金を行いたい時にはパスワードが必要になります。

iPhoneの場合「設定」から「一般」の「機能制限」を選び、「インストール」をオフにするとAppStoreのアイコンが消えます。
同時に「Appに削除」や「App内課金」をオフにすればアプリを削除したり、課金することが出来なくなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る